0859(27)2345

〒 689-3514 鳥取県米子市尾高1025番地


本社。この地には江戸時代に移る。
境内には紫陽花の路、スイレン池、鯉の泳ぐ掘があります。
駐車場あり、大型バス駐車可能。
初詣。米子市内を始め、多くの人々が家内安全・勝運祈願を願います。
境内・神苑には約二千株のアジサイが植えられています。
例年五月下旬から六月下旬にかけて種々な色の花が咲きます。



本社の主な祭事


春季大祭  4月29日(昭和の日)
本社の春の例祭です。午前10時より祭典。
午後2時より、御幸渡御。西部地区最大級の大神輿で、境内外末社の御崎社まで尾高の町中を引き回します。

秋季大祭  10月9日
秋の例祭です。午前10時より祭典。
祭典終了後、各種祈祷




トピックス





※「厄年」

厄年の考え方はいろいろあるようですが、一般的に男性は数え年の25歳、42歳、61歳。女性は19歳、33歳、37歳を禍難の多い年として、昔から厄年としてきました。
特に男性42歳、女性33歳大厄として嫌いました。
そして厄年の前後3年間を前厄・本厄・後厄として年頭に祓いを受けて災いを防ぎ、年内の無事を祈る風習が広く行われています。




菖蒲園は廃止となりました
本社境内にある花菖蒲園は諸事情により廃園とさせていただきました。
長年のご拝観ありがとうございました。



本社においては勝運祈願、開運成就、家内安全、病気平癒、厄除け、邪気払い、交通安全等各種御祈祷を随時受け付けております。
なお、他の御祈祷が重なったり留守にする場合がありますので、出来るだけ予約をしてください。



本社への道順、ならびに交通機関についてはトップページをご覧下さい。